脱毛とお肌ケア

脱毛と保湿

襟足脱毛

脱毛施術期間は、日焼けしないように紫外線対策をしたり、お肌を乾燥させないように念入りに保湿を…と聞きますが、どうして日焼けや乾燥してはいけないのでしょうか。

 

脱毛施術は、黒や茶色のメラニン色素に反応する特殊な光を使っての施術なので、日焼けしてしまうと毛だけではなくお肌にも光が反応してしまい火傷の危険があります。
日焼けしてしまうということはお肌は軽いやけど状態になっているので、乾燥もしていますし、その状態で施術を行うとお肌にはさらに負担がかかってしまいますね。

 

乾燥していると、脱毛効果がでにくい・お肌の回復が遅くなる・お肌トラブルの原因になる・痛みを感じやすくなるといったことが施術期間は日焼け・乾燥を防いで、といわれる理由です。
お肌の水分量が足りているかどうか施術前にチェックしている店舗が多く、計測器を使用して水分量を計測、水分量が足りていないとボディケア用品の勧誘などが始まるお店もあるそうです。
脱毛施術の際に痛みを感じないためにも、日ごろから保水・保湿ケアを念入りに行いたいですね。

 

>>襟足脱毛おすすめ人気サロン【キレイなうなじで女子力アップ!】